学園について

ニュース&トピックス

2018.12.24|バイオ 
オリジナル・ジャム

一覧へ戻る

バイオ2年の食品専攻では
春に加工したイチゴジャムの原理を元に
 
秋には、グループごとに分かれてコンセプトを決め
「オリジナル・ジャム」を考えて製作します。


各々、準備した材料をカットして

“糖”と“酸”と“ペクチン”を一緒に加熱して
“とろみ”を出す化学反応(ゲル化)を行い
 
ゲル化だけではなく、素材の色や艶を残しながら
設定糖度に合わせることも、大切なポイントです。


ジャムは、砂糖が水分を抱き込んで
腐敗を遅らせることができる保存食なので
加工したものは、1か月ほど保存をして
 
 
自分たちが作ったジャムアピール(プレゼン)と
味覚試験の時が来ました。
 
まずは、プレゼンの練習を兼ねて1年生の教室へ。

プレゼンの順番や、内容を再検討・練習をしてから
校長先生の前に並びました。


目標:校長先生をうならせるジャム。
とまではいきませんでしたが
 
多くの方に食べていただき
「ちょっと甘い」、「おいしい」、「意外と好き」など 
たくさんの評価をいただきました!
 
加工中、思いもよらぬことが多々ありましたが
自分で計画を立て、いろいろ考えながら実行していく。
 
想像力も求められる分野かもしれませんが
失敗から得られることも たくさんあるんですよ。
 
 
大通りキャンパス
〒060-0042
札幌市中央区大通西17丁目1-22
0120-234-722
TEL: 011-631-8811
FAX: 011-613-0601
交通アクセス
自動車実習棟
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西18丁目1-35
北24条キャンパス
〒065-0024
札幌市東区北24条東1丁目3-12
TEL: 011-748-3887
FAX: 011-741-8823