学園について

ニュース&トピックス

2019.07.31|バイオ 
ミカンの糖分を比色定量する

一覧へ戻る

この時期のミカンは
温室栽培された ハウスミカンが出回っています。
 
分析実習では、各グループで甘そうなミカンを選び
ミカンの糖分を調べてもらいました。


 
ミカンを絞り、遠心分離機にかけて果汁を取り分けます。

 

果物には“ショ糖”、“果糖”、“ブドウ糖”の
3種類の糖が含まれているんですが
 
今回の分析法は、還元糖を定量する方法を行います。
 
そのためには、非還元糖である“ショ糖”は
加水分解して“転化糖”にする必要があります。


 
加水分解した後は、試薬を加えて反応させますが
あまり見ることがない“ドクロマーク”付きの試薬もあり


 
いつも以上に 慎重に取り扱っていきます。


 
一定時間反応させたところで
分光光度計で吸光度の測定をして


 
調整した標準液と試薬で反応させた液
加水分解後に反応させた液との比較をします。


 
産地や収穫時期などにもよりますが
一般的にみかんの糖度は、10~12度程度ありますが
さあ、分析結果はどうだったでしょうか?
 
笑顔でミカンを食べていた人もいれば
 
何度も何度も電卓をたたいて
計算し直している人もいたので
 
提出レポートの内容が、ちょっと気になっています。
大通りキャンパス
〒060-0042
札幌市中央区大通西17丁目1-22
0120-234-722
TEL: 011-631-8811
FAX: 011-613-0601
交通アクセス
自動車実習棟
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西18丁目1-35
北24条キャンパス
〒065-0024
札幌市東区北24条東1丁目3-12
TEL: 011-748-3887
FAX: 011-741-8823