学園について

ニュース&トピックス

2019.09.09|バイオ 
コンニャクの食感NEW!

一覧へ戻る

“肉じゃが”には“しらたき”かもしれませんが
私は薄く切った“コンニャク”も一緒に入れます。
 
独特な食感があって、ボリュームも出るので
積極的に作りますが、誰も文句は言いません。
(文句が言えないのかもしれません・・・)
 
そんなコンニャクの原料は、イモ。
そう、コンニャク芋から作られます。
 
とは言っても、コンニャク芋は傷みやすいので
多くは“コンニャク粉”から作られています。

(左:コンニャク粉、右:凝固剤)
 
鍋の水を加熱して、そこに少しずつコンニャク粉を入れて
よく混ぜていきます。

 
攪拌して全体が“のり状”になったら

 
まんべんなく凝固剤を加えて さらに混ぜ、
空気が入らないように容器に詰めていきます。

 
コンニャクの主成分である“グルコマンナン”は
アルカリで凝固する性質があります。
 
“グルコマンナン”の網目の中に
たくさんの水分子が入り込み、
加熱でゲル化してコンニャクになるのです。

 
できたコンニャクの品質確認として
 ・適度な弾力があるか
 ・硬さが均一であるか
 ・内部に気穴ができていないか  などありますが
 
何といっても、食べてみるのが一番です!



 
先生方にも試食をお願いして
貴重なご意見もいただくことができました。
ありがとうございました!

 
コンニャクは、たくさんの水に
少量のコンニャク粉を加えて固めたものですから
ダイエットに向いていること 間違いありません。
 
実はなんと、コンニャクの約97%が水分なんです。
それでいて、あの歯ごたえ・食感は・・・ 
 
“コンニャク 恐るべし”
大通りキャンパス
〒060-0042
札幌市中央区大通西17丁目1-22
0120-234-722
TEL: 011-631-8811
FAX: 011-613-0601
交通アクセス
自動車実習棟
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西18丁目1-35
北24条キャンパス
〒065-0024
札幌市東区北24条東1丁目3-12
TEL: 011-748-3887
FAX: 011-741-8823