DEPARTMENT

学科紹介

自動二輪車コース

(令和4年度入学生の募集は休止します)

ABOUT

自動二輪車コースについて

道内唯一のバイク専門コース。
第一線で活躍し、即戦力となるメカニックを目指す。

就職率 2020年3月卒 100

二輪業界への就職に欠かせない国家資格である二級二輪自動車整備士の取得を目指すカリキュラムです。ただ資格を取得するのではなく、実践的な授業を通して即戦力となるメカニックを育成します。1日の半分を占める実習授業ではさまざまな排気量のバイクを扱うため、より広範囲な整備技術が身につきます。また、整備した車両で実際のコースをテスト走行する時間も設けており、バイクに関する知識を総合的に学んでいくことが可能です。

PRACTICAL TRAINING

実習

毎日の実習が実践力を磨く

オフロード実習

PRACTICAL TRAINING 01

オフロード実習

自分で整備したバイクの最終確認として、実際にオフロードを走行します。整備と実走を交えてバイクの仕組みを理解します。

シャシ実習

PRACTICAL TRAINING 02

シャシ実習

実際の整備現場同様の設備を使って日常点検から車検整備(検査ライン使用)までを学びます。

オンロード実習

PRACTICAL TRAINING 03

オンロード実習

自分で整備した車両でオンロードレースへの参戦など、魅力的で実践的な活動を展開しています。

PICK UP

ピックアップ

講義と実習を連動させることで
高い実践力を身につけます

課外活動

PICK UP 01

課外活動

各種レースや競技会、研修旅行や技術講習など、授業以外でもバイクに関わる機会が多いことがカギセンの魅力です。近年人気が高まっている北海道ならではの「雪中レース」への出場、舗装路面で行われるモータースポーツの一種「ジムカーナ」の練習会への参加、世界でも有数のバイクメーカーである「ドゥカティ」指定整備工場での見学・技術講習など、その活動内容は多岐に渡ります。こうした課外活動を通してバイクについての知識や技術をさらに高めていくことができます。学生たちも楽しみながら、活動に取り組んでいます。

産学連携

PICK UP 02

産学連携

(株)スズキニ輪から講師を招いた特別講演

現場経験豊富な講師を招き、車体開発や技術進歩、市場に関する話など、二輪に特化した特別講演を毎年開催しています。

多様な企業と連携し、幅広い知識を吸収
  • 海外車両に搭載されている最新技術の講習
  • 世界トップメーカーによる講習を実施

目指せる職種

ディーラーや販売店での整備士を中心に自動二輪車パーツの設計や開発、各種走行データを収集するテストライダーなど、自動二輪車整備士資格を取得する事で幅広い分野で活躍ができます。

自動二輪車整備士
(自動二輪車販売ディーラー・一般整備工場)
自動二輪車が安全に走行できるように各部分の保守・点検・修理を行う仕事です。
自動二輪車整備士(カスタムショップ)
自動二輪車整備作業の他に、より特殊なカスタム・チューンアップを専門的に行う仕事です。
自動二輪車設計・開発技術者
自動二輪車各部分のデザイン・設計・性能試験などを行う仕事です。
テストライダー
開発中の自動二輪車やパーツの性能をテスト走行を通し解析する仕事です。

取得可能な資格

自動二輪車整備士として働くために不可欠な「二級二輪自動車整備士」の国家資格はもちろん、板金や塗装などその他の周辺作業にも必要な重要資格も、在学中に取得する事ができます。また「二級ガソリン自動車整備士」の資格も取得可能で、二輪・四輪両方を視野に進路選択ができます。

二級二輪自動車整備士
資格取得率 100%(2019年実績)
卒業時受験資格付与・実技試験免除
二級ガソリン自動車整備士
資格取得率 100%(2019年実績)
在学中に指定講習を受講することにより実技試験免除
その他
  • 危険物取扱者(甲種・乙種)
  • アーク溶接技能特別教育
    校内で指定講習を受講し、修了試験受験後付与
  • ガス溶接技能講習
    自動車整備振興会で指定講習を受講し、修了試験受験後付与
  • タイヤ空気充填業務特別教育
    校内で指定講習を受講し、修了試験受験後付与
  • MFJ競技役員ライセンス
    校内で指定講習を受講し、受講後付与
  • 特殊小型船舶操縦士免許
    校内で指定講習を受講し、修了試験受験後付与
  • 大型・中型自動二輪車運転免許
    指定教習所により割引料金で取得可能

カリキュラム

カギセンの授業の特徴は、座学と実習が連動して進む点にあります。
座学では教科書を使ってバイクの仕組みや理論を学び、実習では実車の整備やパーツの分解、組み付けなどを通し、座学で学んだ知識を技術として身につけます。

カリキュラム